疾患とサプリメント

  • HOME
  • 疾患とサプリメント

サプリメントの目的は?

普段の食事からでは必要十分な栄養素を摂るのは難しい

健康のために毎日野菜ジュースを飲まれている方もおられるでしょうが、多くの場合、表示されているだけの栄養素は含まれておらず、また野菜にしても有機栽培などは別として、農薬により痩せた土壌で育てられたものなどには十分なビタミンやミネラルが含まれていないと言われています。

こうした現状の中、普段の食事から必要十分な栄養素を摂ることは難しく、どうしても栄養バランスが偏ったり、必要な栄養素が不足したりしがちです。
サプリメントの目的は、こうして偏りがち・不足しがちな栄養を補うことで、健康状態を整えることにあります。

体・心がきちんと機能するためには様々な栄養素が必要です

サプリメントを処方する前には血液検査を実施して、「タンパク質が不足していますね」「ビタミンBが足りていませんね」「鉄が欠乏しています」というように現在の栄養状態を詳しくお伝えしております。
細胞がきちんと機能するためにはタンパク質が必要で、タンパク質が作られるためにはビタミンや鉄などの栄養素が必要になります。
このように体や心がきちんと機能するためには様々な栄養素が必要で、これらが不足してしまうと動脈硬化やアレルギー症状を引き起こしたり、うつ症状を招いたりするなどの様々な影響が現れる場合があります。

サプリメントで改善・予防が期待できる疾患

体の不調

  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防
  • 肥満の予防・改善
  • 細胞や血管の酸化防止
  • アレルギー症状の緩和
  • 不定愁訴の改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • 関節痛の改善・予防
  • 認知症の予防

など

心の不調

  • うつ症状の緩和
  • 生理前のイライラの改善
  • 睡眠の質の改善
  • イライラ、集中力の低下、意欲消失などの更年期障害の症状緩和

など

0668710314