ホルモン補充療法

  • HOME
  • ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とは?

更年期障害の改善に効果的な治療です

更年期とは閉経前後の約10年間のことを言い、閉経のタイミングはお一人おひとりで異なりますが、平均的な閉経年齢は50歳ごろですので、一般的には45~55歳くらいの時期を更年期と呼びます。
更年期に入ると女性ホルモンが急激に減少し、ホルモンバランスが大きく崩れてしまうことになり、その結果、ほてり(ホットフラッシュ)や発汗などの身体的症状のほか、イライラ、不眠、憂うつ感など精神的症状が現れるようになります。

大阪府豊中市の直原ウィメンズクリニックが行っているホルモン補充療法は、こうした更年期障害の改善に効果的な治療で、閉経にともない不足した女性ホルモン(エストロゲン)を補うことでつらい症状を改善へと導きます。

こんな症状でお困りではありませんか?

次のような更年期障害の症状でお困りでしたら、お気軽に大阪府豊中市の直原ウィメンズクリニックへご相談ください。

体の不調
  • 上半身がのぼせたり、顔が熱くなったりする(ホットフラッシュ)
  • 突然、たくさん汗をかく
  • 動悸が激しい
  • 手足が冷える
  • よく頭痛が起こる
  • 肩こりや腰痛がひどくなった
  • 吐き気がする
  • めまい・耳鳴りがする
  • すぐに疲れる

など

心の不調
  • すぐにイライラしてしまう
  • 物事に集中できない
  • すぐに気分が落ち込む
  • 憂うつ感
  • 夜、よく眠れない
  • 眠りが浅くてすぐに目が覚める
  • 何ごとにも意欲がわかない

など

更年期障害の改善以外の効果も期待できるとされています

当クリニックでは更年期障害の症状でお困りの方を中心にホルモン補充療法を行っておりますが、それ以外にも動脈硬化や骨粗しょう症などの生活習慣病の予防効果も期待できるとされています。

また、様々な要因によりホルモン補充療法が受けられない方、ホルモン補充療法をご希望になられない方、閉経前なのに不定愁訴などの症状が現れている方のために、漢方療法も行っております。
患者様お一人おひとりのご希望や症状に合わせて適切な方法をご提案させていただきますので、体・心の不調でお困りでしたらお気軽に当クリニックへご連絡ください。

0668710314