健康のための生活習慣

  • HOME
  • 健康のための生活習慣

健康のために普段の生活でできること

食生活の乱れは様々な不調の原因となります

食事は生活の基本で、これが乱れてしまうと必要な栄養素が不足して、様々な不調や病気の原因となる場合があります。
食生活でご注意いただきたいことはたくさんあるのですが、特に気をつけていただきたいのは「タンパク質を積極的に摂る」ということです。
毎回の食事内容にできるだけタンパク質を取り入れるようにしましょう。

糖質中心の食事だと、血糖値スパイクを引き起こして血糖値が急激に上昇してしまい、その後、今度は逆に血糖値が急激に下がるため空腹になり、またごはんやパンなどの糖質を多く含むものを食べてしまい血糖値が上昇する…というような悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

毎回の食事にタンパク質を取り入れるだけでも、健康状態の改善が期待できるようになります。
また、そうした意識を持って食事することで、「どんな食品にタンパク質が含まれているのか?」ということを知るようになり、それだけでも食生活の改善に繋がるものと思います。

柔軟剤の使用はできるだけ控えるようにしましょう

洗濯の際に柔軟剤を使われる方も多いと思いますが、柔軟剤に含まれる成分にはアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を引き起こす可能性があるものが含まれている場合があります。
特にお子様の場合、こうしたものに反応しやすい傾向にありますので注意が必要です。
ごく微量の化学物質であっても中毒症状を起こす化学物質過敏症を発症させる恐れもありますので、香りや肌触りを良くしたいというお気持ちはわかりますが、柔軟剤の使用はできるだけ控えられることをおすすめいたします。

スマートフォンの長時間の使用は控えるようにしましょう

長時間、スマートフォンを使用することで体に様々な影響がおよぶことが考えられますので、できるだけ控えるように心がけましょう。
スマートフォンの過度な使用が若年層での斜視に影響していると言われていて、またモニターから発せられるブルーライトは目を疲れさせたり、睡眠に影響したりすると言われていますので、今の時代、まったくスマートフォンを使わないで生活することは難しいでしょうが、使用時間を抑えたり、ブルーライトカットの眼鏡を装用したりして、上手に付き合うようにしましょう。

0668710314